スポンサードリンク

地震があった時のプロパンガスの対応について

最近は頻繁に大地震が起こります。地震があった時、プロパンガスが漏れ出して、それに引火して爆発を起こすと、大火の原因となったりします。

 

大地震が起こった時は、適切な対応をして、火事を起こさないようにしなくてはなりません。

 

大地震が起きた時は、揺れがおさまるまで何もしない

ガスコンロを使っている時に大地震が起きた場合、とっさにコンロの火を止めなくては、と思います。

 

しかし、大地震が起こった時は、まず、机の下などの安全な場所に隠れて、身を守りましょう。無理して火を止めようとして、落下物にぶつかり、怪我をしたら大変です。

 

プロパンガスには、マイコンメーターといって、震度5以上の揺れを感知すると、ガスを自動的にストップする機能がありますので、慌てなくて大丈夫です。

 

大地震が起きた時、コンロの火をなどを止めなくてはならないのは分かっていますが、そういった作業をするのは、揺れが収まってからにしましょう。

揺れが収まったら、ガス機器の火をすべて消す

揺れが収まったら、プロパンガス(ガス機器)への対応を開始します。ただし、大地震の場合、余震がしばらく続きますので、プロパンガスへの対応はできるだけ速やかに行い、作業終了後は、安全な場所にすぐに避難して下さい。

 

まず、ガス機器の火はすべて止めます。次に、室内のガス栓をすべて締めます。

 

プロパンガスには、玉ねぎの腐ったような臭いが付いています。ガス漏れがあるとこの臭いがしますので、この臭いの有無で、ガス漏れの有無を確認できます。このことによって、室内にガス漏れがないかどうかも確認しておきます。

 

それが終わったら、屋外に出て、ガスボンベが倒れていないか、チェーンが緩んでいないかを確認します。

 

その際、屋外のガスメーターの脇についているガスメーターバブルと、ガスボンベについている容器バブルも、時計回りに回して締めます。

 

最後に、ガス会社の緊急連絡先に、報告を行います。

地震が収まった後、電気製品はいじらないのが原則

プロパンガスは漏れると、下の方にたまる性質を持っています。

 

万が一、ガスのにおいがした時は、勝手口、玄関、部屋のドアを開けて、ガスを外に出します。

 

その際、換気扇は使わないようにします。換気扇のスイッチを入れる際、微小な火花が出ます。その火花にガスが引火して爆発を起こすこともあります。

 

これは、換気扇に限らず、すべての電気製品に言えることなので、地震の揺れが収まっても、室内の全ての電気製品のスイッチはいじらないようにします。

 

ガス製品のスイッチを切り、室内のガスの元栓及び、室外のガスボンベの元栓を締め、室内にガス漏れがないことを確認してから、電気製品を使用することができます。

 

大地震が起こった時に電気製品を使っていた場合、地震後に、電気製品のスイッチを切らなくてはならないのではないか、とも考えられます。しかし、電気製品のスイッチを切る際にも、微小な火花が発生することがあり、それが漏れたガスに引火して爆発することもあります。

 

電気製品のスイッチを入れる行為だけでなく、スイッチを切る行為も、ガスに関する室内の安全が確保されるまでは、行わないようにすべきです。

平時に大地震の際のガス会社の保安サービスについて確認しておく

自然災害の際に、ガス会社の保安サービスがしっかりしていないと、不安です。そのため、平時に、ガス販売店に大地震が起こった場合の対応について確認しておくとよいでしょう。

 

住宅を新築し、これからプロパンガスを新規に使用されるという方であれば、契約の際に、大地震が起こった時のガス会社の対策について確認しておくとよいでしょう。

 

もし、大地震が起こった際のガス会社の保安サービスに不満があるとすれば、より安全な対策を実施してくれる別の会社に、契約を変更するという方法もあります。

大地震からの復旧に強いプロパンガス

大地震というと、2011年3月に起こった東日本大震災が思いつきます。その際、プロパンガスが、電気や都市ガスと比較して、非常に早く復旧したという記録があります。

 

プロパンガスは、大地震後に、各家庭を個別に点検し、異常がなければすぐに供給を再開できました。一方、電気や都市ガスの場合、全面的かつ大規模な点検をした後でないと、供給の再開はできませんでした。

 

プロパンガスは、各家庭ごとに供給な可能な分散型エネルギーなので、1件の家がダメでも、それが他の家に影響を与えることがありません。

 

大地震の被害からの復旧のことを考えた場合、都市ガスよりもプロパンガスの方が、よりメリットがあるということもできます。

TOPへ