スポンサードリンク

都市ガスの自由化は得なの?

2017年4月から都市ガスが自由化され、都市ガス会社以外の会社が、都市ガスを供給することが可能になりました。これによって、地域の都市ガスの供給独占が崩れ、都市ガス会社同士の価格競争がはじまります。

 

都市ガス自由化で、都市ガス料金の引き下げとサービス多様化が期待される

2017年4月から、都市ガスが自由化されました。

 

それまでは、東京ガス、大阪ガス、西部ガス、東邦ガスの4大ガス会社を中心とする都市ガス会社212社が、それぞれの地域で供給独占を行っていました。従って、都市ガスの利用者は、その地域で供給独占をしている1つのガス会社しか、契約するガス会社を選ぶことができませんでした。

 

都市ガス自由化によって、都市ガス会社の新規参入が認められ、地域の供給独占が崩されることになります。都市ガス利用者は、複数ある都市ガス会社から契約するガス会社を選ぶことができるようになります。

 

そうなると、都市ガス会社同士の競争が促進され、都市ガス料金の低下、多様なサービスの展開などの実現が期待されています。

 

都市ガス自由化でどんなメリットがあるか

都市ガスの自由化の最大のメリットは、都市ガス料金の低下が見込めることです。今までは、都市ガス料金は、総括原価方式といって、ガスの製造や供給にかかるコストと、利用者から受け取る料金収入がちょうど等しくなるように設定されていました。

 

そのうえ、都市ガス料金の決定には、経済産業省の許可が必要であり、都市ガス会社が自由に決めることができませんでした。都市ガスが自由化されると、各都市ガス会社が、自由に料金を設定できるようになります。そうすると、各ガス会社は、競って料金を引き下げ、利用者を獲得しようとするので、ガス料金が引き下げられ、利用者は、より安い料金で都市ガスが利用できるようになります。

 

それから、都市ガスが自由化されると、同じ会社に電気とガスの契約をセットで申し込むと割引が受けられるなど、多様なサービスが展開されることが期待されます。

都市ガス自由化でガス料金に敏感となった消費者の目がプロパンガスに向けられる

都市ガスが自由化されても、従来通り、それまで設置していたガスの配管から、都市ガスが供給されます。都市ガス会社が変わっても、供給される都市ガスは全く同じです。

 

ガスの内容が変わるので、都市ガス会社を変えると、ガス器具を交換しなくてはならないということは、一切ありません。そのまま、ガスを使い続けることができます。極端な話、都市ガス会社を変えても、契約書が1枚変わるだけで、それ以外は従来と全く同じと考えてよいでしょう。

 

配管やガス周辺機器の定期点検やメンテナンスは、都市ガス会社を変えると、変更後のガス会社が行うようになります。

 

万一契約した都市ガス会社が倒産した場合でも、定期点検やメンテナンスは、都市ガスの配管設置会社(自由化以前の供給独占会社)が行いますから、利用者は心配する必要はありません。

 

都市ガス自由化がプロパンガスに与える影響

都市ガスが自由化されたのは2017年4月に入ってからですが、プロパンガスの方は、以前から自由化されていました。プロパンガスの料金を設定する場合には、ガス会社は自由に料金を設定できるし、経済産業省の認可を得る必要もありません。

 

しかしプロパンガス業界では、長い間、業者同士でお客さんを取り合わない習慣があり、ガス会社同士が値下げ競争を行うということもありませんでした。その結果、プロパンガス料金は、自由価格であるにもかかわらず、一般的には、都市ガス料金の2倍以上の水準となっています。

 

しかし、都市ガスの自由化で、多くの都市ガス利用者は、それまで鈍感であったガス料金に敏感になってきます。これが、不透明な価格設定で都市ガスの2倍以上の料金となっているプロパンガス業界の体質に可能性があります。

 

現に、2017年4月以降、プロパンガス料金を安くするために、ガス会社を切り替えることを提案するサイトがインターネット上に続々と登場しています。

 

(詳細は⇒http://プロパンガスは安くなる.com/mitsumori/

都市ガスの本管から遠く離れた地域では、都市ガスへの切り替えは困難

都市ガス自由化によって、都市ガスの値下げ競争が始まり、都市ガス料金はまずます低くなると考えられます。その結果、当然、料金の高いプロパンガスから、料金の安い都市ガスに切り替えたいという方が、多くなります。

 

しかし、基本的には、ガスボンベを設置するだけで供給が可能になるプロパンガスから、比較的大規模な設備が必要になる都市ガスに切り替えることは、そう簡単ではありません。

 

自宅のすぐそばまで都市ガスの本管がきている場合には、その本管から自宅にガス管を引くだけなので、15万円~30万円程度の工事費で済みます。一方で、本管が自宅のそばに来ていない場合には、本管を自宅のそばまで引っ張ってくる工事が追加で必要で、そのための費用が数十万円(個人負担分)さらに必要になります。

 

都市ガスの配管延長工事予定地に住宅が入っていればよいのですが、そうでない場合、ガス会社に、住宅の近くまでガスの本管を引くように働きかけなくてはなりません。それには、大変な手間がかかります。

 

都市ガスの自由化で、都市ガスの本管が近くにある場所でのプロパンガスから都市ガスへの切り替えは進むでしょうが、そうでない地域では、それは難しいでしょう。

TOPへ