スポンサードリンク

プロパンガス料金が高い5つの理由

プロパンガス料金が高い理由は?

プロパンガス料金が何故高いのかということを調べていくと、多くの消費者がプロパンガス料金が公共料金であると誤解していることに原因があることに気が付きます。

 

普通に公共料金といった場合「電気、ガス、水道」と言いますから、ガス料金が公共料金であるという誤解が広まることは無理もないことですが、実際に全く同じ熱量を出した場合、プロパンガス料金は都市ガスの料金に比べ1.5倍~2倍くらい高くなります。

 

普通の買い物の場合、ほとんど同じ商品なのにお店が違うというだけで2倍も高かったら、誰も高いお店から商品を買う人はいませんよね。

 

しかし、プロパンガスの場合、そもそも自分が払っているガス料金が高いとも思っていないため何の疑問もなくこの高いガス料金を支払っているのが現実です。

 

このページでは、「プロパンガス料金が高くなる5つの理由」について解説していきます。

 

①消費者がプロパンガス料金は公共料金だと勘違いしている

まず第一に、プロパンガス料金は公共料金ではありません(都市ガスは公共料金となっています)。

 

公共料金だと消費者に価格交渉の余地はないので、請求された料金を黙って支払うほかはありませんし、ガス料金が高いと思ってもガス会社を自由に変更することはできません。

 

その一方で、公共料金の決定は政府が関与しますから不当な料金設定が行われることはありません。

 

プロパンガス料金は公共料金ではないので、消費者は料金が高いと思ったら値下げ交渉ができますし、ガス会社を自由に代えることができます。しかし、多くの消費者がプロパンガスは公共料金で、料金がどんなに高くても値下げ交渉はできないし、会社も変更できないと誤解しています。

 

都市ガス料金の相場の2倍近い料金を設定しても消費者は黙って支払う人がほとんどです。

②プロパンガスの請求書が詳細でない

プロパンガスの料金請求書の多くは、画像のようにガスの消費量と請求額の記載しかありません

 

プロパンガスの請求書明細

(出典:https://www.survive-m.com/kounetsuhi/121.html

 

このタイプの請求書だと、プロパンガス1㎥を使うとガス料金がどのくらい上がるかを示す従量単価が分かりません。従量単価が分からないので、ガス会社は消費者に気が付かれないようにして従量単価を上げることができます。一部のガス会社はこれを利用して価格を不当に釣り上げてきました。

 

ガス会社が従量単価を上げて料金が上がっても、消費者は「今月はガスを使いすぎたのかな」と思う程度で、それがガス会社の不正な値上げによるものだとは分かりません。

 

プロパンガス料金の請求書が詳細でないと、ガス会社が消費者の知らないところで従量単価を釣り上げるという不正が横行し、プロパンガス料金が高くなる一因となります。

③プロパンガス業界は供給業者が価格協定を結んでいる

プロパンガスを供給する会社は全国に約21,000社あると言われています。

 

そのうち77%に相当する約16,000社は従業員1人~6人の企業、また全体の62.5%が顧客750件未満の企業という統計結果が出ています。つまり、零細企業の割合が非常に多いということがわかります。
(詳細は⇒https://www.propane-npo.com/

 

プロパンガス会社は零細企業が多く、大量仕入れができませんので、零細企業のプロパンガスはどうしても料金が高くなります。一方、大手のプロパンガス会社は大量仕入れが可能ですのでガスを安く仕入れることができ、より安い料金でプロパンガスを販売することができます。

 

普通の業界では大手プロパンガス会社が安く料金で販売するので、零細企業の市場シェアと企業数は減少していきます。しかし、プロパンガス業界では大手プロパンガス会社が、高コスト体質の零細企業に合わせてわざと高い料金で消費者にガスを販売しています。

 

これは、傘下の零細ガス会社の顧客を奪わないようにし、傘下の会社を守るという一面もありますが、この価格協定がプロパンガスの料金水準を引き上げています。

④平均相場だから安心だという誤解が広がっている

一般財団法人・日本エネルギー経済研究所・石油情報センターのホームページなどから、プロパンガスの平均価格(相場価格)は簡単に調べることができます。

 

自分が支払っているプロパンガス料金が高いのか安いのかを調べるときは、こういった平均相場を調べます。その相場とだいたい同じ水準の価格であれば、自分が支払っているガス料金は平均的な水準だと安心します。

 

しかし、実はこの平均相場が高すぎる(最高で都市ガスの2倍程度の料金)のです。プロパンガス料金を、公共料金である都市ガスの料金計算の際に使用される方法と同じ方法で計算した場合には、都市ガス料金の1.1倍程度となるそうです。

 

自分が支払っている料金が平均相場並みだからと言って安心していると、長期間にわたってガス会社にぼったくられることになります。

 

平均相場だから安心という誤解が、高すぎる料金に対して消費者がクレームを入れる機会を失わせ、それがプロパンガス料金が高くなる原因となっています。

⑤メンテナンス費用や運送費がかかる

都市ガスの場合、ガスの本管から住宅にガス管を引く工事が必要なため初期費用が高くなりますが、その後のメンテナンス費用は低額になります。一方、プロパンガスの場合には初期費用はそれほど高くなりません。

 

しかし、定期的にガスボンベを交換しなくてはならないので、メンテナンス費用(人件費等)がかかります。加えて、プロパンガスは都市部から遠く離れた山間部や農村地帯の利用者も多く、その場合には運送費が高くなります。

 

そういった費用がかかる分それは当然料金に反映されますので、都市ガスと比較した場合にプロパンガス料金は高くなります。

 

ただし、そういった運送費や人件費がかかることを考慮しても、プロパンガスは都市ガスの1.1倍程度の水準が妥当であると言われています。

 

まとめ

プロパンガス料金には不透明な部分が多く、そのために数多くの誤解が存在しています。

 

プロパンガス料金を高くする原因の多くは、その誤解に端を発しています。

 

最近は、インターネット上などでプロパンガス料金に関する情報の公開が盛んに行われていますので、そういった誤解を解くチャンスは大きく広がっています。

 

プロパンガス料金を引き下げる行動の第一歩は、この誤解を解くことです。

TOPへ