スポンサードリンク

プロパンガス給湯器費用の実態は?

プロパンガス会社が行う給湯器の無償貸与は、無償で給湯器が使えるようになるため、非常に有難い制度ですが、最終的には、プロパンガス会社が得をする制度です。

 

不当に高い給湯器代金を後払いで請求される場合もあるので、この話があった場合には自分で調べてみる必要があります。

 

プロパンガスの給湯器無償貸与について

プロパンガス会社の中には、給湯器の無償貸与を行うところがあります。

 

無償貸与といっても、本当に給湯器をタダで設置してくれるというわけではありません。実質的には、給湯器を設置した時点で料金を請求しないというだけの話であり、毎月のガス料金に上乗せされる形で、給湯器の設置費用はしっかり請求されます。

 

ほとんどの給湯器の無償貸与は、一定期間のガスの継続使用を条件としています。

 

従って、その期間を超えて給湯器を設置したガス会社のガスを使い続ける場合には、給湯器の設置費用を支払う必要はありませんが、その期間の終期前にガス会社を変えた場合には、未償却分の給湯器の設置費用を違約金として請求されます。

プロパンガス給湯器の無償貸与の問題点

プロパンガスの給湯器は、自分で購入すると10万円程度のお金が必要です。給湯器の無償貸与を受けると、給湯器の導入時に10万円程度のお金を支払う必要がなくなりますから、その点では有難いことです。

 

しかし、給湯器の無償貸与を行うガス会社は、給湯器の設置費用を相場より高く設定する傾向があります。

 

無償貸与の場合、設置費用は、長い時間をかけて毎月のガス料金の上乗せ分から少しずつ支払われますから、高い値段を設定しても、消費者に文句を言われることがあまりありません。それをいいことに、市場の2倍程度の高額の給湯器設置費用を請求するガス会社も存在すると言われています。

 

プロパンガス会社から給湯器の無償貸与の話があった場合には、その給湯器のメーカーや型式、設置費用、同じ給湯器の市場での価格を、一応、調べてみる必要があります。また、無償貸与の条件となるガスの継続使用期間についても確認する必要があります。

 

給湯器の無償貸与を受けた後、短期間でガス会社を変更する場合には、給湯器の設置費用の未償却分を解約違約金として請求されます。従って、近い将来に引っ越す予定があるとか、ガス会社を変更する予定がある遺場合には、無償貸与を断った方がよい場合もあります。

 

ガス給湯器の相場は自分で調べてみる

プロパンガス料金は、長い間、閉鎖的な市場環境が続いた結果、異常に高い水準となっていると言われていますが、ガス給湯器についても同じことが言えます。

 

市場では安く買える給湯器を、消費者の監視の目が届きにくいことをいいことに異常に高い値段をつけ、毎月のガス料金に不当に上乗せして請求し、利益を上げるプロパンガス会社もあります。

 

全てのプロパンガス会社がそうだとは言いませんが、現在契約しているプロパンガス会社が良心的な会社だという保証はありません。

 

従って、ガス給湯器の無償貸与の話があった場合には、自分で無償貸与の条件やガス給湯器の相場を調べて、怪しいと思ったら自分で給湯器を購入することも検討すべきです。

 

プロパンガスの給湯器代は自分で支払った方がよい

プロパンガスの給湯器が壊れた場合、ガス会社に頼めば、多くの場合、無償で交換してくれます。しかし、ガス会社も商売なので、決して善意で無償としてくれているわけではありません。

 

上で述べたようなからくりがあり、自分で買えば10万円程度の給湯器が30万円程度の金額で、しかも利息を付けて、毎月のガス料金に上乗せし分割払いで請求されたりします。

 

一番よいのは、給湯器を自分で買えばよいのですが、現在使っているプリパンガスの規格にぴったり合った給湯器を探すのは容易ではありません。

 

設置後のメンテナンスや定期点検のことを考えると、やはり、ガス会社に設置を依頼した方が良い面もあります。その結果、給湯器の代金が相場よりもある程度高くなるのはやむを得ないかもしれません。

 

しかしその際に、もし余裕があれば無償貸与は受けないで、現金で一括で支払ってしまえば、少なくとも、利息分は代金を節約できます。

 

プロパンガス会社が、普段は無償貸与が原則である給湯器の設置を、利用者の申出によって設置時点での一括払いを認めてくれるかどうかは分かりません。

 

商売の常識では、分割払いよりも現金一括の方が好まれるのは間違いがありませんが、ガス会社も無償貸与で儲けられなくなるというデメリットもあります。

 

ガス会社が給湯器の設置時点での現金一括払いを認めてくれるのであれば、利用者は無償貸与によって余計なお金を支払う必要はありませんので、利用した方がいいでしょう。

TOPへ