スポンサードリンク

プロパンガスはなぜ契約切り替えだけで安くなるのか

あまり知られていないのですが、プロパンガスの料金はガス会社を切替えるだけで大幅に安くなり、ガス料金が30%程度も下がるケースも珍しくありません。

 

プロパンガス会社を切替えるとガス料金を大幅に引き下げることができるのは、今契約しているガス会社が本来の水準よりも高い料金に設定しているからです。

 

ガス会社を切り替えて大幅に安くなった場合、うれしい反面、言葉は悪いですが「今までぼったくられていた」という気持ちになってしまいますね。

 

ちなみにプロパンガスの料金を安くするためには、何か難しかったり、面倒くさい手続きをするわけでもありません。なぜなら、プロパンガスは自由契約なので、プロパンガス会社の変更は消費者が自由に行うことができる権利なのです。

 

プロパンガスの料金は契約している会社を切り替えるだけで安くなるということを「知っているか、知らないか」だけで毎月数百円~数千円を損をし続けてしまいます。

 

このページでは「なぜ、ガス会社を切替えるだけで安くなるのか?」を詳しく解説していきます。

 

プロパンガス会社の切り替えで料金が下がる理由

今契約しているプロパンガスの会社が相場よりも高い料金に設定している場合、プロパンガス会社を切替えることで、一般水準よりも高かった分のガス料金を引き下げることができます。

 

一部の大手ガス会社では、傘下の零細小売店の保護するために、あえて高い料金を設定していました。しかし、オール電化や都市ガスといった代替エネルギーとの価格競争が激しくなってきたので、現状では徐々に高すぎない適正の料金になってきています。

 

料金の高いガス会社からそういった大手ガス販売会社にガス契約を切替えれば、プロパンガス料金を簡単に大幅に安くできます。

 

どのような理由にせよ、消費者からすると全く同じ品質のプロパンガスをより安く使えるようになるわけですから、この変化は悪い話ではありません。

 

安くなったからと言って、サービスの質は落ちない

一般的に大幅に料金が下がるといった場合、供給されるガスの品質が下がるのではないかとか、メンテナンスがおろそかになるのではないか、という心配が出てきます。

 

しかし、プロパンガスの場合は高く設定された料金が適正料金に戻るだけなので、サービス低下の心配はまずないでしょう。

 

大量仕入れによるスケールメリットを発揮できる大手のプロパンガス会社は、潜在的には平均相場の30%減程度の価格でガスの供給が可能です。このケースでは平均相場より大幅に低い価格でも採算割れを行ず十分に経営が成り立ちます。

 

インターネット上では、消費者がプロパンガス会社を切り替えてガス料金を下げることを支援するサイトが複数あり、多くのプロパンガス会社が参加しています。参加している会社は供給側(生産者側)からすると価格協定に参加しないよくない企業ということができます。

 

しかし、消費者側からするとプロパンガス業界の悪しき慣習を打破してより安い価格でプロパンガスを供給してくれるよい会社ということになります。

プロパンガス会社に切替えの話をすると値下げしてくれる?

プロパンガス会社を切替えた話の中でよく出てくるのは、今まで契約していたガス会社に切り替えの話を持っていくと、その会社に「うちも料金の大幅値下げに応じるので切替えないでください」と言われたという話です。

 

普通、仕入れ値ギリギリのところで商売をしている会社であれば、急に料金を大幅に(20%~30%)引き下げますよとは言えないはずです。値引き後の値段で販売すれば採算割れを起こして赤字となってしまい、そうであれば最初から売らない方が会社にとって得だからです。

 

大幅に料金を引き下げると言った会社は値引きしても商売になるのですから、普段は適正水準を大幅に上回る高い値段で消費者にガスを販売していたことになります。だから、急に大幅な料金値下げをするから契約を切替えないでくださいと言えるのです。

 

このことは、そのプロパンガス会社が設定していた料金がそれだけいい加減な料金であったということも意味します。

大手プロパンガス会社は実はもっと安くガスを供給できる

プロパンガス会社には2種類あります。大量仕入れが可能でスケールメリットを発揮できる大手プロパンガス会社と、その会社からプロパンガスを仕入れて販売する零細ガス会社です。

 

大手のプロパンガス会社は安い料金でプロパンガスを消費者に販売することが可能ですが、今まで多くの大手ガス会社はそんなことは敢えてせずに、自分が卸したプロパンガスを販売する系列の零細ガス会社の販売料金に合わせて、より高い料金で販売していました。

 

他のガス会社にプロパンガスをおろすような大手プロパンガス会社は、本来であればもっと安くガスを販売できるのですが、系列の零細企業の顧客を奪わないようにあえて高い料金設定をしています。

 

そのため、そのような大手プロパンガス会社であれば、消費者からガス料金が高いのでガス会社を切替えますと言われた時に、大幅に料金を下げますから契約を変えないでくださいと言うことができます。

プロパンガス料金体系の具体例

例えば、ある大手プロパンガス会社(元売り会社)は大量仕入れによるスケールメリットを発揮して1㎥当たり250円でプロパンガスを仕入れることができるとします。

 

このプロパンガス会社は、1㎥当たり50円の利益を上乗せして1㎥300円で系列の零細プロパンガス会社に卸売りをするとします。

 

そして、零細プロパンガス会社は1㎥300円で仕入れたプロパンガスを1㎥200円の会社の利益を付けて消費者に販売するとします。

 

この関係を表にまとめると次のようになります。

 

プロパンガス料金が高くなっている仕組み

元売り会社仕入れ値=(a) 250円/㎥
元売り会社利益=(b) 50円/㎥
小売会社仕入れ値=(a) 300円/㎥
小売り会社利益=(c) 200円/㎥
小売り会社販売値=(a)+(b)+(c) 500円/㎥

 

大手の元売り会社は直接消費者にガスを販売すれば300円/㎥で売ることはできますが、それをすると500円/㎥でガスを売っている系列の零細会社が倒産してしまいます。

 

そのため、大手元売りガス会社が直接消費者にガスを売る場合には、系列の零細会社に合わせて500円/㎥で販売します。

 

こうすることで、お客さんである系列の零細ガス会社を守ることもできるし、自分も(500円/㎥-250円/㎥=)250円/㎥の利益を獲得できるので、悪い話ではありません。

 

この大手元売りガス会社が直接ガスを供給している消費者から、ガス料金が高いからガス会社を変えたいという申し入れがあった場合、傘下企業への販売価格である300円/㎥まで単価を下げても全く問題はありません。

 

また、仮に大手元売り会社が傘下企業との価格協定を止めて、適正な利潤で設定した価格水準である300円/㎥で消費者に販売するとした場合、500円/㎥で販売している会社からこの会社にガス契約を切替えればガス料金を大幅に節約できます。

プロパンガス料金を節約するのはけっこう大変

プロパンガス料金を節約方法としてまず思い浮かべるのは、お風呂の温度を下げるとか、シャワーヘッドを節水型にするとか、コンロの火を弱火にするといったことでしょう。

 

プロパンガスの消費量を抑えれば当然その分ガス料金が下がりますから、この方法が節約のポピュラーな方法です。

 

しかし、この方法を使ってガス料金を30%カットするとした場合、大変な努力と忍耐が必要です。お風呂はぬるく、料理は火力が足りずに炒め物はベチャベチャ。この状態を我慢してガスを使うたびにガス使用量のことを気にしても、30%カットできるとも限りません。

 

最近はインターネットなどでプロパンガス会社を切替えれば、ガス料金を大幅(30%程度)に下げることができる宣伝されています。

 

家庭内でプロパンガスの使用量を節約して料金を引き下げる場合には大変な労力が必要なのに、ガス会社を切替えるだけで簡単に料金が30%も節約できるとは不思議な話です。

 

どうしてガス会社の切替えだけで料金がそんなに下がるのかというのは、誰もが疑問に思うところでしょうが、プロパンガスの料金体系を見ていただければ、その疑問は解けると思います。

 

ポイントは「適正価格」であること

大手ガス会社は価格協定によって長年にわたり不正な利益を上げていましたし、零細ガス会社は競争が制限されたいたために、経営の効率化が進まず高コスト体質になっていると言われています。

 

不正な料金値上げも頻繁に行われていたようです。

 

プロパンガス料金は都市ガス料金の1.5倍~2倍程度の水準だと言われていますが、ほとんど同じガスを使ってこれだけの料金差が出るというのはおかしな話です。

 

プロパンガス会社を切替えてガス料金を下げることは、高すぎるガス料金を請求する会社から本来の適正な水準のガス料金を請求する会社に切り替えるだけのことですから、当たり前のことをしているだけで全く問題はないと言えます。

TOPへ