スポンサードリンク

プロパンガスとLPガスの違いは?

一般的にプロパンガスのことを、LPガスと言ったりします。では、プロパンガスとLPガスは一体どこがどう違うのでしょうか?以下で解説します。

 

プロパンガスとブタンガスを合わせたものがLPガス

LPガスの正式名称は、液化石油ガスです。石油精製の過程で発生するガスや天然ガスの一種の中には、常温で圧力をかけると簡単に液化できるものもあります。

 

そのうち、プロパンを主体とするものをプロパンガス、ブタンを主体とするものをブタンガスといいます。これら「プロパンガス」と「ブタンガス」を合わせて液化石油ガス『LPガス』といいます。なお、ガスをGと表現して、LPガスをLPGと言ったりもします。

 

プロパンガスは、一般家庭に幅広く普及しているので、非常に有名ですが、一方、ブタンガスは、あまり聞きなれないガスの名前です。ブタンガスは主に、カセットコンロやライターの燃料やエアゾールの噴射剤といったものにも利用されています。

 

LPガスといった場合、それはプロパンガスとブタンで構成されるので、プロパンガスは必ずLPガスですが、LPガスは必ずしもプロパンガスであるわけではありません。プロパンガスとLPガスの違いはこのようになります。

プロパンガスとブタンガスの共通点について

都市ガスはメタンガスによって構成されます。メタンガスは、-160度まで冷却しないと液化しないという性質があるため、気体のまま、地中に張り巡らされたガス管を通じて、直接各家庭に供給されます。

 

一方、プロパンやブタンで構成されるLPガスは、常温で簡単に液化できるという特徴があります。このため、液体化してガスボンベに充填し、ガスボンベから各家庭にガスを供給します。ちなみに、LPガスを液化した場合には、気体としての体積の250分の1の体積となり、可搬性に大変優れています。

 

また、都市ガス(メタンガス)は空気より軽いので万が一、ガスが漏れた場合でもガスは上空に上がってゆきますが、「プロパンガス」と「ブタンガス」この2つのガスは空気より重いのです。

 

万が一、ガスが漏れてしまった時、部屋の床下近くに滞留するので、何らかの火種が飛んだ場合は引火して爆発する恐れがあります。

プロパンガスとブタンガスの相違点について

1m3のプロパンガスを燃やすと24,000kcalのエネルギーを得ることが可能です。一方、1m3のブタンを燃やすと31,000kcalのエネルギーが得られます。

 

同じLPガス「液化石油ガス」でも、ブタンの方がプロパンガスよりも1m3当たりの発熱量が多いことになります。ちなみに、1㎏の液体ガスの発熱量は、プロパンガスもブタンガスも12,000kcalとなります。

 

プロパンガスは主に家庭用・業務用として使用されます。一方のブタンガスは主に工業用として使用されており、用途も違います。

一般の方になじみが深いLPガスはプロパンガス

一般家庭で使用するガスコンロや給湯器に使われるLPガスはプロパンガスとなります。よって、一般の方になじみの深いLPガスというのは「プロパンガス」なんですね。

 

家庭用に使われる「ブタンガス」は、ライターやカセットに限定されており、主要な用途が工業用のため、一般の方になじみの深いものではありません。

 

一般の方にとってのLPガスとは、「プロパンガス」のことを指すと思って間違いないでしょう。実際にプロパンガスのことを知らない人はほとんどいないのに対して、「ブタンガス」の方は逆にそれがLPガスの一種だということを知っている人は非常に少ないでしょう。

 

結局プロパンガスとブタンガスの違いは?

プロパンガスとブタンガスどちらも常温では気体なのですが、圧力を加えることで液体にな変化します。そういうことで、『プロパン(沸点-42℃)』と『ブタン(沸点0℃)』は【液化石油ガス】と呼ばれています。

 

この2つは、もともと混合物として存在しているのですが、蒸留によりプロパンとブタンに分けられてボンベに詰めて利用されています。

 

沸点が低いプロパンは常温で液化させるのに対して、ブタンよりも高い圧力が必要です。ですので保存する容器も頑丈でなければいけませんし、ガスの圧力も高いので取り扱いに注意する必要があります。

 

ブタンはと言うと、常温で液化させるのに低い圧力で液化できますが、沸点が0℃のため、寒冷地ではボンベ内の圧力が大気圧よりも小さくなるので、ガスがでなくなってしまいます。

 

こういった性質のガスのため、プロパンガスは強い火力を大量に使う家庭用のガスとして適しており、ブタンガスはカセットコンロやガスライターといった、ガス圧が低くて火力が弱くても問題の無いものに利用されているのです。

TOPへ