スポンサードリンク

集合住宅のプロパンガス料金は高い?

集合住宅のプロパンガス料金は一戸建ての料金より約30%割高になると言われています。

 

それでは一体どのような理由で、集合住宅のガス料金はそんなに高くなるのでしょうか。

 

集合住宅のプロパンガス料金は一戸建てより約30%高くなる

集合住宅のプロパンガスの料金は、一戸建てに比べて約30%程度割高になると言われています。その理由の1つは、集合住宅にガスを提供するガス会社を決めるのは大家さんが決めることにあります。

 

基本的に大家さんは入居者に安くプロパンガスを利用させることよりも、自分の利益を優先する傾向があります。結果的に入居者にとって割高なガス料金を設定する会社を選ぶ傾向があるからです。

 

入居者がガスを使える状態にしておくことは大家さんの義務ですから、本来であればガスボンベやガス管、ガスメーターや給湯器の設置費用は大家さんが負担すべき費用なんですね。

 

仮にプロパンガスの会社がこれらのガス設備の無償貸与を行えば、大家さんが負担すべき費用はゼロ円となります。

 

しかし、その費用は入居者が負担すべき毎月のガス料金に上乗せされ、大家が負担しない代わりに、入居者がより高いガス料金を支払う形で負担することになっているのが現状です。

 

大家さんとしてみれば、ガス設備の無償貸与を出来るだけ多く実施してくれるガス会社と契約すれば、ガス設備の費用を節約が可能ですが、そのぶん入居する人が支払うガス料金は上がります。

 

多くの大家さんは、入居者が支払うガス料金が高くなっても、自分の負担が少なくて済むように、ガス供給設備の無償貸与を多く行う会社を選ぶ傾向にあります。

 

結果として集合住宅のプロパンガス料金が、一戸建てのそれよりも高くなってしまうのです。

集合住宅ではプロパンガス会社を選択できない

一戸建ての住宅に住んでいる方は、プロパンガス料金が高すぎる場合、より安い料金でガスを提供するガス会社に切り替えることが可能ですが、集合住宅の場合、ガス会社を決めるのは大家さんです。入居者はいくらガス料金が高いと思っても、好き勝手にガス会社を変更することができません。

 

入居者自身も、プロパンガス料金が高い場合に、プロパンガス会社を変更することで料金の引下げが可能であることを知っている人はかなりの少数で、たいていの方は電気・水道・電話料金と同様に、プロパンガス料金も、請求された通りの金額を黙って支払うものだと思っています。

 

それをいいことに、大家さんに接待攻勢をかけて契約を獲得したプロパンガス会社が、不当に高い金額のプロパンガス料金を入居者に請求するという構造が出来上がりました。

 

こういった理由も、一戸建てに比べて集合住宅のプロパンガス料金が3割も高くなっている原因となっています。

大家とプロパンガス会社の結託が料金値下げ交渉を阻む


大家とプロパンガス会社は、よく言えば、長年おつきあい、悪く言えば、結託をしています。

 

大家の方には、本来負担すべきプロパンガス設備の工事費をガス会社に負担してもらえるというメリットがあります。プロパンガス会社の方には、大家から、集合住宅の何十人もの入居者に自分の会社を紹介してもらい、その入居者にプロパンガスを供給し、料金収入を得ることができます。

 

両者の共生関係があるため、大家とプロパンガス会社は結託しやすくなり、盆暮れのつけとどけや接待で、強固に結びついています。

 

自分が使っている集合住宅のプロパンガス料金が他よりも高いと気が付いた入居者が、大家にその話をすると、大家が逆切れすることがあるそうです。

 

プロパンガス会社は、本来大家が負担すべき集合住宅のガス設備の工事費を自社が負担し、その費用を入居者が支払う毎月のガス料金に上乗せして請求します。

 

その結果、集合住宅のガス料金が高くなるわけですが、それを下げるということは、今度は、大家がガス設備の料金を負担しなければならなくなります。

 

料金の値下げ交渉を行っただけで、逆切れする大家がいるくらいですから、ガス会社を変更することがもっと困難なことは、言うまでもないでしょう。

 

世間慣れした大家だと、入居者からガス料金が高いとの相談があった時、逆切れはしないけれども、のらりくらりとはぐらかして、結局、料金はそのままになります。

 

大家とプロパンガス会社の結託が、ガス料金の値下げ交渉を阻み、それが集合住宅のガス料金が高くなる原因の一因となっています。

悪徳なプロパンガス会社に目を付けられる集合住宅

一戸建ての住宅であれば、プロパンガス会社が相場よりも高い料金を消費者に提示した場合、消費者は「そんな料金では高すぎるので、別の会社にします」と言えます。

 

しかし、集合住宅の入居者は、プロパンガス会社は大家が紹介した会社しか選べませんから、基本的には、自分でプロパンガス会社を選択できません。

 

高い料金を消費者に請求して、不法な利益を上げることをたくらむ悪徳なプロパンガス業者は、この関係に目を付けます。

 

集合住宅のプロパンガス契約を締結する権限を持つ大家は、基本的には、ガス料金を負担しません。ガス料金を払うのは入居者なので、大家はそれが高くてもあまり気にしません。

 

大家が気にするのは、ガス会社がガス設備の工事費を無料にしてくれるのかどうかとか、ガス会社がどれくらいの紹介料をよこすのかとか、接待があるかどうかなどです。

 

悪徳なガス会社は、そういった大家が気にしそうなことに気を付けて、集合住宅のガス契約をとろうとしますが、肝心の、ガス料金を安くすることにはほとんど気を使いません。

 

こういった特徴のある集合住宅のプロパンガス供給契約は、一戸建て住宅の契約で消費者を誤魔化せなくなった悪徳なプロパンガス会社が、狙いを付けて集まってきます。

新規入居者はプロパンガスが安い集合住宅を選択することは可能

もうすでに集合住宅に入居されている方がプロパンガス料金が高いと感じられている場合に、プロパンガス会社を変えて料金を引き下げることは容易ではありません。

 

契約しているのは入居者の方ではなく大家さんなので大家さんを説得する必要がある上、その大家さんがプロパンガス会社と結託していることが多く、説得が難しいからです。

 

しかし、今後集合住宅に引っ越す方であればその集合住宅で供給されるプロパンガス料金が高いか安いかを見てから、その集合住宅に入るかどうかを決めることは簡単です。

 

同じガス使用量でガス料金が他の集合住宅よりも5,000円安ければ家賃が5,000円安いのと同じですから、その差は決して小さくはありません。

 

都市ガスを供給している集合住宅に入ることができれば圧倒的に都市ガスの方が安いので、他の条件が同じであれば都市ガスが完備されている集合住宅に入るのが有利です。

 

ただし、都市ガス供給可能エリアは一部地域に限定されており、集合住宅に引っ越しを検討するすべての方が都市ガスが完備されている集合住宅を利用できるわけではありません。

 

幸いなことに、大家さんの中にもプロパンガス会社を切り替えて入居者が負担するガス料金を引き下げ、入居者を呼びこもうとされる方がいらっしゃいます。

 

そういった大家さんの経営する集合住宅であればプロパンガス料金も安いはずですので、入居前に大家さんにプロパンガス料金のことで相談してみるのもいいかもしれません。

TOPへ